Motivelの実証実験結果について

声だけ5秒でモチベーションを可視化するMotivelの有効性検証

リスク計測テクノロジーズ株式会社(以下、RimTech)は、2020年8月から12月末にかけて、LIP. 横浜(※1)を通じて、「声だけ5秒でモチベーションを可視化するMotivel」を使用した実証実験を行いました。当実証実験にご参加頂きました皆様には、心より御礼を申し上げます。今次の実証実験では、Motivelが算出するモチベーション指標と、活動意欲、集中力・注意力、ヒヤリハットとの関係性を調べました。

※1 「LIP.横浜」は、横浜ライフイノベーションプラットフォームを意味します。横浜から、健康・医療分野のイノベーションを持続的に創出していくことを目的とし、産学官金が連携して取り組むためのプラットフォームです。LIP.横浜URL: https://www.city.yokohama.lg.jp/business/keizai/lifescience/lip/lifepf.html

問い合わせ先
リスク計測テクノロジーズ株式会社
URL: https://rimtech.co.jp/
E-mail: info@rimtech.co.jp

概要

オペレーショナル・リスク及び人材リスクは、リスク要因となるモチベーションの可視化が難しく、有効的なリスク管理手法の確立が難しいという問題があります。

そこで、声だけ5秒でモチベーションを可視化するMotivelの可視化ツールとしての有効性を検証し、得られたデータから新しいリスク管理手法の開発可能性を検証します。

検証データは、「LIP.横浜を通じた公募」及び「当社独自の募集」によって集めた参加者から収集しました。その結果、発話計測回数は7,350件、アンケート回答数は845件のデータを収集することができました(期間:2020年8-12月)。

分析結果:活動意欲及び集中力・注意力は、概ね、モチベーション指標が低位な場合に低下することが分かりました。また、活動意欲及び集中力・注意力は、平均値対比で5pts超上昇する場合に低下リスクが小さくなることが分かりました。一方、ヒヤリハットのリスクは、モチベーション指標のボラティリティが小さく、3期連続で20ptsを下回る場合に生じやすいことが分かりました。

今後の対応:当社は、今次の実証実験の成果を踏まえて、利便性及びユーザー体験の改善に向けてMotivelの開発を進めます。新しいMotivelのリリース時期は改めてお知らせします。

実証実験の背景と目的

リスクは社会・企業の生産性を低下させる要因となります。特に、近年は人に由来するリスクの影響の大きさが注目され、多くの企業・組織において、健康経営等を通じてリスク削減が図られています。もっとも、人に由来するリスクの要因となるモチベーションを高頻度かつ簡易に可視化することは非常に難しく、データに基づいたリスク管理手法の開発の妨げとなっていました。

そこで、当社では、高頻度かつ簡易にモチベーションを可視化するMotivelのツールとしての有効性を検証するとともに、得られたデータがリスク管理に役立つかを検証するために実証実験に着手しました。Motivelのデータと、活動意欲、集中力・注意力、ヒヤリハットとの定量的な関係性を明らかにし、リスク管理手法のブレークスルーを図ります。

対象リスク

オペレーショナル・リスク

事故、ミス、不正等による直接的または間接的な損失(機会損失を含む)が該当します。

人材リスク

離職、休職による直接的または間接的な損失(機会損失を含む)が該当します。また、パフォーマンスが発揮されない状態も該当します。

実証実験の結果

参加者

LIP.横浜を通じた募集(※2)並びに当社独自の募集により、140名が参加しました。アンケートでは、活動意欲、集中力・注意力、ヒヤリハットについて回答を得ました。

※2 「声だけで簡単に心の健康状態を計測」 実証実験の協力企業を募集します (https://rimtech.co.jp/index.php/2020/07/21/blog031/)

データ分析

データセット

実証実験期間を通じて、7350件の計測データ、845件のアンケート回答を得ることができました。データ精査の結果、分析用データセットには10-12月に収集したデータ(3642件の計測データ)を採用しました。

計測データ(単位:件数)

kけ

多変量解析

別途実施した単変量解析に基づき、有効と考えられる指標を組合せて、多変量解析を行いました。ロジスティック回帰を使用しています。

活動意欲

モチベーション指標の「水準」、「平均対比での変化」において、相関関係が確認できます。

集中力・注意力

モチベーション指標の「水準」、「平均対比での変化」において、相関関係が確認できます。

ヒヤリハット

モチベーション指標のボラティリティにおいて、相関関係が確認できます。ただし、活動意欲や集中力・注意力に比べると関係性が弱いため、一段の分析が必要と考えられます。

データ分布

活動意欲 (1は活動意欲が低下しているサンプル)

モチベーション指標の平均値の分布

集中力・注意力(1は集中力・注意力が低下しているサンプル)

モチベーション指標の平均値の分布

ヒヤリハット(1はヒヤリハットが発生したサンプル)

モチベーション指標のボラティリティの分布

考察

今次実証実験の結果を踏まえると、モチベーション指標と活動意欲、集中力・注意力、ヒヤリハットの関係性を以下のように考えることができます。

今後の対応

当社は、今次の実証実験の成果を踏まえて、利便性及びユーザー体験の改善に向けてMotivelの開発を進めます。新しいMotivelのリリース時期は改めてお知らせします。

(参考)

Motivelで算出する指標

Motivelは、声を用いて、モチベーション、バイタリティ、リラクゼーション、プレジャーといった4つの指標を計測しています。

モチベーション

数値が高いほど活動意欲があり、注意力、集中力も高い状態にある。バイタリティの数値が高く、上下変動が大きいほど数値は高くなる。

バイタリティ

数値が高いほど元気な状態(心地よい状態)にある。また、元気な状態にあるほど、数値は上下動する(心の感度が高い)。

リラクゼーション

数値が高いほど落ち着いた状態にある。また、元気な状態にあるほど、数値は上下動する(心の感度が高い)。

プレジャー

数値が高いほど喜んだ状態にある。また、元気な状態にあるほど、数値は上下動する(心の感度が高い)。

Motivelの仕組み

各指標の関係性

モチベーションは、バイタリティの水準が高く、ボラティリティ(指標の変動)が大きいほど数値が大きくなります。

バイタリティは、リラクゼーションとプレジャーから算出されます。リラクゼーションとプレジャーの数値が大きいほど、バイタリティの数値も大きくなります。元気な人ほど、計測値のバラツキは大きくなる傾向があります。

データの蓄積状況(2020年12月末)

18744件の計測データ(単位:件数)
計測時間

1回あたりの計測時間は、9割のケースで5秒以内となっています。単位はミリセカンドです。

[以上]

Follow me!