第11回 マインドヘルスと内部統制 (1/2)

シリーズの第2回「マインドヘルスとリスク管理」で書きましたが、マインドヘルスの不調は、内部統制の問題に繋がります。

個人の不調は組織の不調に繋がる

マインドヘルスの不調は、集中力、注意力、モチベーションを低下させます。こうした問題は、当初は、不調者個人の問題と受け止められますが、不調者の業務フォロー等が続くと、他の従業員も疲弊し、次第に他の従業員にも不調者が出てしまいます。こうした状態が続くと、職場のフラストレーションも増加し、不調者が更に増加するリスクがあります。

見過ごされる軽微なインシデント

不調者の割合が増えてくると、業務フォロー等の負担が重くなってきます。その場合、多少のミスや事故が、多忙を理由に「ちょっとくらいいいよね」と問題視されなくなっていきます。

忍び寄るモラルの低下

軽微なインシデントに対して誰も気に留めなくなると、ちょっと大きな事故やミスが起きても、誰も深刻に受け止めなくなります。こうして周囲に対する関心が低くなると、最初は小さな不正が発生し、いずれ大きな不正へと繋がる可能性があります。

こうしたインシデントの誘発は、「割れた窓を放置しておくと、他の窓も割られてしまう」という犯罪学の理論として広く知られています(割れ窓理論)。こうしたことは、「軽微なインシデントを放置しておくと、他のインシデントも発生してしまう」といったように、内部統制でも同様に考えることができます。

割れ窓理論のイメージ

100M走の勢いでフルマラソンは走れない

不調者の割合が増えてくると、健康な人に仕事が集中するようになります。最初のうちは問題ないのですが、いずれ健康な人にも限界がきます。そうなると、「ちょっとくらいいいよね」と魔が差すこともあり、重大インシデントの温床が育まれます。

過剰な業務負荷は長続きせず、また、その耐性にも個人差があります。「無茶はするな。無理はしろ。」を念頭に、無茶をしない環境(持続可能性のある業務設計)が健全な内部統制に繋がると考えられます。

会社概要

商号:リスク計測テクノロジーズ株式会社
URL:https://rimtech.co.jp/index.php/about-us/

本件に対するお問い合わせ先

当社Webサイトの「Contact us」よりお問い合わせください。
URL:https://rimtech.co.jp/index.php/inquires/

Follow me!