第9回 グループユーザー版について(1/2)

マインドヘルス計測システム(MiHMS)には、グループユーザー版と個人ユーザー版の2種類があります。ここでは、グループユーザー版の解説をします。

グループユーザー版の概観

2種類のアプリケーション

共有デバイス用

一つのデバイスを複数人で使用する場合に使用するアプリケーションになります。例えば、職場等に設置した共有タブレット等から使用することを想定しています。簡単操作、短い計測時間(数秒)を実現しているため、忙しい時でもスムーズに計測が可能です。もちろん、プライバシーも確保されています。

①ログイン
②ユーザー選択
③計測

個人デバイス用

個人のスマートフォン等で使用する場合になります。個人向けの簡素な操作画面が用意されており、計測だけでなく、自分の計測結果を見ることができます。

①ログイン
②計測
③結果(個人)

(注)個人デバイス用の画面イメージは、PCのブラウザ画面になります。スマートフォンやタブレットでは、当該機種の画面サイズに合わせて問題なくご利用いただけます。

データの連携

共有デバイス又は個人デバイスでの計測結果は、リアルタイムでデータが同期されます。都合に合わせて、いつでもどこでも計測することが可能です。

グループメンバーの最大登録人数

一つのグループには、最大40名まで登録が可能です(*)

* 2020年5月現在

操作手順

シンプルな操作画面です。どなたでも直感的にご利用になれます。

共有デバイス

  1. ログイン(毎回のログインは不要です)
  2. ユーザー選択(ご自身の名前又はIDを選択してください)
  3. 計測

上記3.計測が終了すると、自動的に上記2.ユーザー選択の画面に戻ります。

個人デバイス

  1. ログイン
  2. メニュー
  3. 計測または結果閲覧

上記3.計測が終了すると、gauge chartsで結果が表示され、上記2.メニューの画面に戻ります。

プライバシー

共有デバイスから計測する場合、毎回の計測結果は小さいダイアログボックスにのみ表示されます。このダイアログボックスは、一度閉じてしまうと再度開くことはできません。また、共有デバイスから、自分以外のユーザーの結果を見ることもできません。

ダイアログボックス

グループ管理者向けにモニタリングに便利なダッシュボード機能を搭載しています。ダッシュボード機能は、次回「第10回 グループユーザー版について(2/2)」で解説します。

会社概要

商号:リスク計測テクノロジーズ株式会社
URL:https://rimtech.co.jp/index.php/about-us/

本件に対するお問い合わせ先

当社Webサイトの「Contact us」よりお問い合わせください。
URL:https://rimtech.co.jp/index.php/inquires/

Follow me!