【メディア掲載等】「銀行実務2020年4月号」で当社取組みが紹介されました

銀行実務2020年4月号(株式会社銀行研修社発行)のニッチビジネス研究第41回に当社取組み及び声だけで簡単にマインドヘルスを計測する「マインドヘルス計測システム」が紹介されました。以下は掲載記事の抜粋になります。

【従業員の健康管理は重要課題】

企業にとって、従業員の日々の健康管理は経営上の重要課題である。厚労省の調査を見ても、社員のメンタルヘルス対策に取り組む事業所は増えており、働き方改革の推進がこれを後押ししている。生産性やサービス向上を重視するあまり従業員の心身の健康悪化、つまりマインドヘルスを招いては、業務遂行において注意力や集中力の低下を招き、オペレーション等のリスクを惹起する。そこで、声帯で健康状態を把握できるシステムを企画・販売しているのがリスク計測テクノロジーズ株式会社(神奈川県横浜市)だ。

【声帯で従業員の健康管理が可能】

同社は、声だけで簡単に人間の健康状態が分かるサービス「マインドヘルス計測システム」を提供している。スマートフォンやタブレット等でオンライン上から利用できるシステムで、アプリをダウンロードする必要はない。同システムに登録したユーザーは、画面に「こんにちは」等短文を呼び掛けることで、マイクで拾った声帯の波長、高低などから体調が判断される。

銀行実務2020年4月号(株式会社銀行研修社のサイトに移動します。)

(注)上記の掲載については、株式会社銀行研修社の確認を得ています。

Follow me!